岩手県立胆沢病院

循環器内科

トップページ診療科・部門 > 循環器内科

診療スタッフ

職 名 氏 名 所属学会等

副院長
兼医療安全管理室長
兼医師事務支援室長

中川 誠

日本内科学会、日本循環器学会、日本心臓病学会

日本心血管インターベンション治療学会   

臨床検査科長 野崎 哲司

日本循環器学会(専門医)
日本心血管インターベンション治療学会(認定医)
日本内科学会(専門医)

循環器内科長
兼救急医療科長
八木 卓也

日本循環器学会(専門医)
日本心血管インターベンション治療学会(専門医)
日本不整脈学会(専門医)
日本内科学会(認定医)

日本心臓リハビリテーション学会

循環器内科医長

兼総合診療科医長

小野瀬 剛生

日本内科学会(認定医)
日本循環器学会(専門医)
日本医師会(認定産業医)
日本心臓病学会、日本心不全学会
日本性差医学・医療学会

日本心臓リハビリテーション学会

日本病院総合診療学会(認定医)

アメリカ心臓協会(AHA)BLSインストラクター

アメリカ心臓協会(AHA)ACLSインストラクター

日本DMAT隊員

循環器内科医長 井筒 大人

 日本循環器学会(専門医)

日本心血管インターベンション治療学会(認定医)

日本内科学会(認定内科医)

日本不整脈学会

大浦 翔子

日本内科学会(認定医)

日本循環器学会 

日本心臓病学会

日本超音波医学会

日本NO学会

当科の目指す診療内容

施設認定   
日本循環器学会 研修施設

日本不整脈心電学会 研修施設

日本心血管インターベンション治療学会 研修関連施設

 

循環器疾患の特徴として緊急性を要することが多いことから、原則24時間体制で診療に当たっています。
特に、心筋梗塞の急性期には早期の血流再開のため、緊急に経皮的冠動脈形成術(PCI)が必要となります。チーム医療としてPCIを行うため、循環器医師・コメデイカルスタッフが常に待機しております。令和元年度の心臓カテーテル件数総数は610件、PCIは159件でしたが、このうち55件が急性心筋梗塞・不安定狭心症に対する緊急PCIでした。
また、頻脈性不整脈に対する治療として、カテーテルアブレーションが79例、徐脈性不整脈に対するペースメーカー植込み術が68例と、不整脈治療に対しての治療も積極的に行っています。

心房細動・動脈硬化外来について

当地域も高齢化が進んでおり、循環器内科としてできることは、いち早く疾患を見いだし、適切な処置を講じることによって大きなイベントを防止すること、と考えております。高齢化によって増加している心房細動(その他の不整脈)/動脈硬化性疾患につきまして、外来を開設することと致しました。

心房細動につきましては、発作性/慢性にかかわらず脳塞栓のリスクに違いはないことが明らかとなっております。ご紹介いただければ、塞栓症の評価を行い、適切な凝固療法を選択し、また患者さんとの相談でアブレーション等の積極的治療も考えたいと思います。

動脈硬化性疾患につきましては、冠動脈のCTが進歩しており、かなり精度が高くなってきております。閉塞性動脈硬化症、頚部の狭窄等を含めて、評価を致します。

 

心房細動・動脈硬化外来は毎週火・水・木曜日の午前中で完全予約制となっております。FAX予約をしていただくとともに、一般の循環器内科への紹介と区別するため、専用の診療情報提供書用紙を使用していただきますようお願いいたします。

 

心房細動・動脈硬化外来用診療情報提供書 エクセル版 、 PDF版

新しい治療・特色のある医療

 全国的にPCIは減少しつつある中、カテーテルアブレーションの件数は増加しており、当科でも同様の傾向となっています。特に、心房細動に対するアブレーションは生命予後を改善するというevidenceも出てきており、不整脈治療の重要性を増してきています。

 また新しい治療として、リードレスペースメーカーを昨年は4例に植込みました。侵襲の小ささがご高齢の方のメリットとなりますので、今後も増えていく可能性があると思います。

 2020年度は心臓リハビリテーションの資格を持った理学療法士が赴任し、盛岡以外では最初の心臓リハビリテーションの施設基準を満たす施設となりました。心臓リハは、患者さんの社会復帰を支援するだけではなく、心不全の増悪による再入院の予防に有効であるというデータが次々と出てきている、注目の分野でもあります。当地域の心不全の患者さんに役立てられるよう、できる限り有効に用いていきたいと思います。

 

診療科

▲上に戻る