岩手県立胆沢病院

外科

トップページ診療科・部門 > 外科

診療スタッフ

副院長 鈴木 雄
乳腺外科長 楠田 和幸
消化器外科長兼地域医療科長 伊藤 靖
総合診療科長兼内視鏡外科長 渋谷 俊介
病理科長 玉手 義久
血管外科長 橋本 宗敬
第1外科長 佐藤 博子
第2外科長 山田 誠人
外科医長 松浦 多恵子
医  師 宇田川 輝久

村上 皓彦

診療内容・専門分野

消化器を中心とした腹部外科、乳腺甲状腺を中心とした内分泌外科、食道を中心とした胸部外科、血管外科など外科一般を広く対象として診療しています。

  (各分野の詳細は下記のタブをクリック↓)

 

当科の特色及び目指す診療内容

十分なインフォームドコンセントのもと、患者さんとともに歩む医療を目指したいと思っております。また。進行がんや再発ガン、重傷救急疾患などに対しても、積極的に外科治療を加え患者さんの治療成績の向上を図りたいと思っております。

 

消化器手術においては、胸腔鏡下食道がん手術を導入しており、従来に比べて格段に術後の痛みが少なく、体力回復が早くなっています。胃がん、大腸がんの手術においても、腹腔鏡を用いた低侵襲手術を積極的に取り入れています。3D画像システムや、4Kの高解像度のシステムを導入しており、鮮明な画面を見ながら鏡視下手術を行っています。

 

甲状腺手術では、東北地方では初めて鏡視下手術を導入しています。小さな創で甲状腺の摘出が可能であり、術後の傷跡が極力目立たないような治療をしています。

→甲状腺鏡視下手術についてご覧になりたい方はこちらをクリック←

 

また、血管手術については、大動脈瘤のステントグラフト手術、下肢静脈瘤のレーザー治療・高周波治療、下肢動脈のカテーテル血管拡張術、ディスタルバイパス術等、最新の技術を取り入れた手術を行っています。

→血管外科についてご覧になりたい方はこちらをクリック←

 

専門外来として血管外科外来、リンパ浮腫外来、甲状腺外来、乳腺外来を開設いたしておりますのでご利用ください。腹部の救急診療や終末期医療への積極的取り組みも行っております。

また、初期研修医教育にも力を入れておりますので、ご理解とご鞭撻をお願いいたします。


当院では、日本外科学会によるNCD事業(日本全国で実施される外科手術症例に関する情報をデータベース化する事業)に参画しています。
(NCDの詳細はこちら)

当科で手術を行った全症例は、個人特定に結び付く情報を削除した上で、NCDデータベースに登録し、そのデータを解析することにより、医療の向上に努めております。

 

  <当院のNCD(National Clinical Database)登録手術件数の推移>

 

 

 

2019年1月~12月の当科手術実績 922例

 

【消化器外科手術】

食道の手術       4例  (全例、胸腔鏡併用手術)

胃の手術       51例 (うち腹腔鏡手術  9例  (18%))

大腸の手術     105例 (うち腹腔鏡手術 60例  (57%))

肝臓・胆嚢の手術   59例 (うち腹腔鏡手術 46例  (78%))

虫垂炎        46例 (うち腹腔鏡手術 43例  (93%))

痔・肛門の手術     5例

鼠経ヘルニア手術  104例

その他の消化器手術 116例   (腹膜炎、腸閉塞など)

 

【血管外科手術】

腹部大動脈瘤手術    49例 (うちステントグラフト術 34例(69%))

下肢静脈瘤手術     54例 (うちレーザー/高周波手術 48例(89%))

動脈閉塞症の血行再建術 63例 

その他の血管関連手術  36例

 

【内分泌外科手術】

甲状腺・上皮小体の手術 49例 (うち内視鏡手術 18例)

乳腺の手術       25例

 

【その他の一般外科手術】

リンパ節・皮下腫瘤切除、外傷、

気管切開、CVポート手術など  156例

 

 

 

消化器外科・一般外科について

消化器外科疾患、一般外科疾患については、毎日外来診療を行っております。

完全予約制ですので、受診を希望される方は、開業医からの紹介状を持参いただくか、

外科外来にご相談ください。

 

当院の消化器外科では、従来の開腹手術よりも、低侵襲で、術後の痛みも少ない内視鏡手術 ( おなかに小さな創を数個あけて、カメラ(腹腔鏡)と手術用器具挿入して行う手術 )

を積極的に行っています。

(当院の内視鏡手術の実績は、前述の手術実績をご覧ください)

 

但し、病気の種類・病状により、従来の開腹手術を行ったほうがよい患者様もいらっしゃいますので、術前に担当医とよく相談が必要です。

 

血管外来(血管外科)について

当院では、「血管外科(血管外来)」を常設しています。

海外では、「血管外科=Vascular Surgery」は一般的な診療科ですが、日本では、大学病院などの大病院以外で「血管外科」を専門に診療している病院は、多くはありません。

 

当院の血管外科では、大動脈瘤の治療、下肢の血流改善の治療、下肢静脈瘤の治療などを行っています。

特に、重症虚血肢に対するDistalBypass(ディスタルバイパス)や、腹部大動脈瘤のステントグラフト手術、下肢静脈瘤のレーザー・高周波手術など、最新の治療法を積極的に取り入れ、それぞれの患者さんに適した治療を行っています。

岩手県内には、血管外科医が常勤している病院が少ないため、県立磐井病院、県立大船渡病院に、月に1度、当院から血管外科医師が出張・血管外来診療を行い、遠方の患者様で、当院まで通院が困難な方の診療を行っています。

  →詳しくはこちらをクリック←

 

甲状腺外来について

甲状腺疾患については、非常勤専門医による、週1回の外来と、手術を行っています。

完全予約制ですので、受診を希望される方は、開業医からの紹介状を持参いただくか、

外科外来にご相談ください。

甲状腺の病気には、結節(しこり)ができる腫瘍性のもの、ホルモンの分泌異常から起こる機能性のものと二つに大別されます。しこりができるものは、甲状腺腫といわれ、甲良性や悪性を含めいくつかの種類があります。 薬物治療や、手術治療など、病態に応じた適切な治療法を行っています。

 

手術治療を行う場合には、従来より、甲状腺の手術は首を大きく横切りして行うため、術後のキズ跡が目立ち、美容的に大きな問題となってきました。

当院では、従来に比べて格段に小さな創で手術を行うことができる、内視鏡手術を導入しています。当院は良性腫瘍、悪性腫瘍のいずれに対しても内視鏡手術の施設認定をうけており、保険診療内で先進手術を受けることができます。

但し、すべての患者様に内視鏡手術が適応できるわけではありませんので、詳しくは、当院の甲状腺専門外来にてご相談ください。

→詳細はこちらをクリック←

 

乳腺外来について

東北大学病院 総合外科 乳腺内分泌グループの乳腺専門医の先生に、月1回来院いただき、乳腺専門外来を行っています。

 

 

 

診療科

▲上に戻る