岩手県立胆沢病院

看護科

トップページ診療科・部門 > 看護科

総看護師長挨拶

岩手県立胆沢病院は高野長英や後藤新平を輩出した偉人の町水沢の小高い場所にあります。近くには町の花である桜が見事に咲き誇る水沢公園があります。
当院は、患者さん中心の医療を行い、地域に信頼される病院づくりを進めています。時代の変化に柔軟に対応できる力を備え、医療チームの一員として他職種と協働しながら、質の高い看護を提供できる看護職員の育成に力を入れています。新人教育ではプリセプターやシスターがしっかりサポートし、一歩一歩成長するよう見守っていきます。キャリア開発ラダーに沿って一人ひとりのレベルに応じた継続教育体制となっています。
胆沢病院の看護師として、誇りと知性を磨き「あなたが受け持ちで良かった」と患者さんに喜んでもらえるような看護師になってくれることを心から願っております。
これから看護師としてキャリアを積んでいかれるみなさん、命と向き合っている現場で、自分自身を見つめ、自己成長できる看護師になって頂けるよう支援いたします。胆沢病院で一緒に ”看護の楽しさや看護のやりがい感” を感じてみませんか。お待ちしています。

看護科理念

地域の人々に信頼され、愛される、患者さん中心の看護を提供します。

看護科基本方針

  1. 命の尊厳と人権を守り、患者さんを尊重した思いやりのある看護を提供します。
  2. 患者さんが安心して医療が受けられるようマニュアルを遵守し、安全・安心な看護を提供します。
  3. 他職種と協働し、チーム医療及び地域連携を推進します。
  4. 専門職者に求められる資質・能力を身につけるため、キャリア開発を推進します。
  5. ワーク・ライフ・バランスを推進し、職場環境を整えます。
  6. 組織の情報の共有化に努め、病院の健全経営に参画します。

看護体制

一般病棟入院基本料7対1  三交代  急性期看護補助体制加算25対1

部署紹介

看護科教育体制

ひとり一人の自己啓発と自律した看護職員の育成に取り組んでいます。新人教育は看護職員としての基本姿勢と態度・看護実践における技術面を段階的に習得できるよう、プリセプターを中心に職員全員での支援体制で精神的サポートを強化し、新人看護師の成長を支えています。当院では配属部署以外の手術室、外来、救急室での体験研修や研修医と共に学ぶ研修もあり、多職種との関わりの中で自己啓発も図りながら、新人看護師全員が一人前の看護師を目指し頑張っています。

 

また、各ステップ研修、専門分野でのコース研修、管理者研修を行っています。当院の看護師の平均年齢が36.7歳と若い職場で多くの子育て中のママさん看護師も頑張っています。そこで育児休暇明け等の復帰者や中途採用者の方々には、勤務開始時に医療安全対策・感染予防対策・褥瘡対策・電子カルテ操作について研修を行っており、安心して仕事を始められると好評です。

 

岩手県立胆沢病院看護科研修計画 ← こちらからご覧いただけます

認定看護師

皮膚排泄ケア認定看護師 1名 感染管理認定看護師 1名
緩和ケア認定看護師 1名 救急看護認定看護師 1名
がん化学療法看護認定看護師 1名 透析看護認定看護師  1名

看護外来

疾病のために、地域での療養、社会生活に支障をきたしている患者さん、ご家族に対して、生活が円滑におくれるように、特定の専門領域における診療の補助や療養の世話を、個々の患者さんやその家族の状況に応じて提供する看護師主導の外来です。医師や他職種と連携して症状の改善、自己管理の支援を目指します。

ストーマ・失禁・スキンケア外来 皮膚・排泄ケア認定看護師
がん看護外来 緩和ケア認定看護師
リンパ浮腫外来 医療リンパドレナージセラピスト(看護師)
呼吸ケア外来 救急看護認定看護師

看護外来診療予定表 ← こちらからご覧いただけます。

学会などによる資格

消化器内視鏡技師 18名 DMAT(看護師) 8名
呼吸療法認定士 6名 災害支援ナース 7名
医療リンパドレナージセラピスト 2名 透析技術認定士 3名
糖尿病療養指導士 3名 NST専門療法士 2名
フットケアセラピスト 1名 認知症ケア専門士 1名

その他

看護協会認定看護管理者 サードレベル 1名 看護研究指導者養成研修修了者 5名
看護協会認定看護管理者 セカンドレベル 6名 看護実習指導者講習会修了者 20名
看護協会認定看護管理者 ファーストレベル 31名    


岩手県立病院の看護科(部)紹介ページへ
http://www.ikango.info/hospital.php?itemid=24

部門

▲上に戻る