岩手県立胆沢病院

臨床工学技術科(CEセンター)

トップページ診療科・部門 > 臨床工学技術科(CEセンター)

臨床工学技術科(CEセンター)

当院臨床工学技術科(CEセンター)は、2004年に院内にある医療機器の安全で効率的な運用管理を目的とし開設されました。2015年から、胆沢病院、江刺病院を兼務とし、合計6名にて医療機器の保守管理と生命維持管理装置に関する臨床技術提供を行っています。ここでは、臨床工学技士という資格の紹介と院内における活動内容について紹介します。

部門の特徴

臨床工学技士とは、医療技術の進歩により医療機器の高度化・複雑化に対応する為、医学的な知識のみならず工学的な知識と技術を持つ専門の医療技術者が必要となり、1987年に誕生した比較的新しい資格です。医師以外の診療補助に従事する看護師や臨床検査技師など各種の医療技術者のことをコメディカルと呼んでいますが、臨床工学技士もコメディカル職種の一つです。当院CEセンターの主な業務内容は以下の通りです。

部門の特徴詳細

1. 血液浄化業務(血液浄化装置として使用される機器の操作・管理、トラブルに関する対応など)
2. 人工呼吸器関連業務(使用中点検・回路交換、トラブルに関する対応、呼吸サポートチームへの参加等)
3. 心臓カテーテル検査業務(カテ室内の医療機器操作・管理やデバイスの管理など)
4. ペースメーカー業務(植え込みの立ち会いや定期検査など)
5. 補助循環業務(IABP・PCPS装置の操作・管理、トラブル対応など)

6. 手術支援ロボット関連業務(管理:準備、トラブル対応など)

 

           

 

II:医療機器保守管理

【目的】

①機器の効率敵な運用と稼働率の向上 

②保守点検の徹底による機器の安全性の向上 

③機器の稼働率・故障発生率の把握

【内容】

①医療機器の更新・廃棄に関する管理台帳の管理 

②医療機器の中央管理 

③医療機器の保守管理

④医療機器のトラブル・修理対応                                                                                                                                                                          

 

III:医療機器に関する教育及び技術の向上

新年度の新採用者・中途採用者の方々に対しての輸液ポンプ、シリンジポンプの取扱いに関する勉強会を始めとして、医療機器使用者に対する教育活動を行い、院内職員の技術向上に努めています。また、CEセンタースタッフの技術水準の向上を目指し、各種認定資格の取得、各業務に関連した専門的技術に関する研修会などに参加しています。

【認定資格】

 透析技術認定士 2名

 呼吸療法認定士 2名

 

臨床工学技士の略称統一について

現在、世間一般的に臨床工学技士に対する略称は、ME(Medical Engineer)と  CE(Clinical Engineer)の2つが存在します。
MEという略称の使用については、1987年に臨床工学技士法が制定される以前にさかのぼり、医療施設において医療機器管理、操作等の業務を行う場合、医療機器に関する専門知識を有する国家資格が無かったため、日本生体医工学会が1979年より開始している、「医療機器の安全、適正な使用と管理に関する知識・技術を習得させるためのME技術講習会」の受講と,これらに関する能力を検定する「ME技術実力検定試験」の合格が一つの目安とされました。
そのため、この資格を持っている技術者をMEと呼び、広くMEという略称が使用される一つの要因となりました。
また、CEという略称については、臨床工学技士法が制定される際、より臨床に詳しい知識を有し、尚且つ工学系の知識も有した技術者を意識した資格としたため、資格名が医療工学技士ではなく臨床工学技士となり、直訳すれば臨床(Clinical)工学技士(Engineer)となりました。このため、職能団体である公益法人日本臨床工学技士会もJapan Association for Clinical Engineers(JACE)として活動を続けています。

これまで岩手県立病院においては、臨床工学技士についての略称をME(Medical Engineer)として古い略称を使用してきましたが、平成26年8月1日より正式名称であるCE(Clinical Engineer)と訂正し、統一使用することとなりました。

部門

▲上に戻る